プレミア付切手で高価買取

プレミア切手の特徴と価値を見出す知識

切手の中でも高価買取りが行われているのは1960年代以前の切手が大半を占めると言われています。
その理由は、1960代以降の記念切手の発行枚数が多い事、そして現存している数が多いからで、買取りを利用したとしても、額面の半額以下になる事も珍しくありませんし、比較的新しい切手はシート単位でなければ買取りして貰えないケースもあります。
但し、1960年代以降に発行された記念切手の中には額面の数十倍もの値が付くプレミア切手もあります。
例えば、万国博覧会の記念切手の中でも、切手帳と呼ばれているものはプレミアが付く切手の一つで、切手帳には表紙に糊付けが行われているものと、糊付けが行われていない2つのタイプがある事、そして表紙のデザイン色が金色と銀色の2種類が有り、それぞれ価値が大きく異なるのが特徴です。

事変により焼失が多い切手ほど高価買取りされます

関東大震災や東京空襲と言った事変により切手の現存数が少ないものなどはプレミア付き切手と言われています。元々発行枚数自体が少ない上、火災などにより大半の切手が消失されたものなどは現存している数も少ないため価値が高いと言う事です。
また、切手はバラ品よりも小型シートやシートの状態の方が価値を持つと言います。
例えば、額面が5円の記念切手の買取り相場がバラ品の場合に1枚1000円となっている時、1シートに20枚が収められているものでは、1枚あたり1500円の価値があると言った具合に、シートで売る方が高く売れると言う事です。
しかしながら、古い時代の切手と言うのは状態も悪くなっているため、切手に対する知識がある鑑定士による査定を受ける事で高く売る事が出来ます。

 

© Copyright Through Time . All Rights Reserved